病気の早期治療をしましょう

自分は何かしらの病気かもしれないが、検査に行ってそれを宣告されるのは怖い。そんな方もいらっしゃるかと思います。そんな時に活用できるのがインターネットでの診断です。これは医師や病院が運営しているサイトも多いので信頼面でも安心です。アンケートや選択肢、○×問題や色を使った判断テストなどちょっとした遊び感覚でもチャレンジできます。もし、それで悪い結果が出たとしても大丈夫、自分の判断で出た結果ならすぐに自覚ができますし、勿論何も無い可能性もあります。それをはっきりさせる為に今度は病院へ行くんだと考えれば、何も知らない状態で病院に行くよりずっと気が楽です。病気の治療に邪魔な恐怖感を診断サイトで取り払ってみてはいかがでしょうか。

病理組織顕微鏡検査の重要性

血液検査やレントゲンなど病気を診断するときにはいろいろな検査結果をもとにします。がんの場合、腫瘍マーカーとか、CTやMRIなど指針となる検査はいくつかありますが、中でも一番重要視されているのは、病理組織顕微鏡検査です。手術のときの肉片や内視鏡検査の際つまんだ組織などをもとにして調べます。この結果によって、がんかどうかが確定したり、どういったがんのタイプかもわかります。また、原発か転移か再発かといったこともわかります。たまたま調べた病理が転移性のものだと、どこかにそのもととなる原発と呼ばれる部分があります。具体的に病気について診断がつくと、治療方針を決めることができます。それだけ重要なものなのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 病気で診断書を発行する All rights reserved