甲状腺の病気の種類と発見方法

甲状腺の病気は、甲状腺全体が腫れる単純性甲状腺腫と一部が腫れる亜急性甲状腺炎があります。これらは、薬物療法で完治する可能性があります。しかし、甲状腺に腫瘍ができる腫瘍性疾患は、発見が遅くなると治療が難しくなります。甲状腺ガンは自覚症状が無いので発見しづらいですが、指で喉仏を触ったりツバを飲み込んだときに異物を感じられるはずです。確認する頻度は3カ月から半年に1度行います。異物を感じた際は、早急に専門医に診てもらいましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 病気で診断書を発行する All rights reserved