胃カメラで診断される病気とは

胃カメラ検査は上部消化器(食道・胃・十二指腸)を直接観察することができるため、多くの病気の診断に役立てられています。代表的な病気には食道炎、食道潰瘍、食道静脈瘤、胃炎、胃潰瘍、胃がん、胃ポリープ、十二指腸潰瘍などがあります。検査時にポリープが見つかれば切除したり、がんの病変が疑われた際には組織を採取して精密に調べることができます。従来はカメラを口から挿入する方法が主流で痛みや吐き気を自覚される方が多かったですが、最近では鼻から挿入する方法で苦痛を軽減することが可能です。人間ドックでも広く行われており、自覚症状がない疾患の発見にもつながっています、機会があれば是非一度検査を受けることをお勧めします。

健康診断の大切さについて

病気になってしまうと仕事はおろか、趣味や娯楽を楽しむ事が出来なくなり人生を謳歌できなくなってしまいます。人間にとって健康はかけがえのない財産であることは間違いありません。そのため体調に少しでも変調をきたした場合は迷わず医療機関を受診することが大事です。また診断の結果病気であっても早期発見であれば必ず完治します。また日頃から健康診断を受けておくことはそれだけ早期発見につながり、健康を維持するうえで非常に大事であると言えます。自治体が費用を負担してくれるため、自己負担は僅かで様々な検査を受けることができるのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 病気で診断書を発行する All rights reserved